Euphonium Avanzare

ユーフォニアム・アウ"ァンツァーレです☆

ユーフォニアムを専門に学んだメンバーで

「ユーフォニアムの新しい可能性や魅力を見つけていきたい」

という思いでアンサンブル活動をしています。


HPもありますので、是非見にきてください!
http://www.geocities.jp/euphonium_avanzare/
<< とても勉強になった夏 | main | 残暑 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    本番終了!
    0
      間が空いてしまってすみません。
      山崎です。


      前回の記事(7/1、暑いですねえ)でお伝えした、<PAGODE(パゴージ)>という団体の演奏会を8/20に行いました。
      サックス・ピアノ(僕です)・パーカッションのトリオなのですが、アヴァンツァーレとは編成も楽器も役割も違い、勉強になることが多いです。


      別々の楽器が集まっているので、得意不得意もまた違い、やりたい音楽との兼ね合いをどう取るか、が毎回の課題です。


      今回は、どこかで聴いたことのある曲を中心に集め、オリジナルや、技術的に大変な曲にもチャレンジしました。
      特に、オリジナルは直前までああでもないこうでもないと練り直し、お客さんの反応に不安を抱えながら迎えましたが、アンケートや終演後の感想などで、一番人気を獲得したので、ホッとしています。


      次回は12/22に池袋ゴスペルチャーチでクリスマスコンサートを行いますので、興味のある方はご連絡ください。



      余談ですが、今回の会場のピアノは、ベヒシュタインというドイツのメーカーで、スタインウェイ、ベーゼンドルファーと共に世界3大ピアノと呼ばれているそうです。
      ショパン、リスト、ドビュッシーなどが大変気に入っていたようでして。
      最近の音楽家ですと、フジコ・ヘミング、チック・コリアが評価しています。
      実際弾いてみた感想は、華やかと言うよりは、渋い音色の、男性の声楽家の声のようなピアノでした。
      すっかり虜になってしまい、将来グランドを買う時の最有力候補です。
      なかなかお目にかかることは無いですが、ピアノをやってらっしゃる方は、是非一度弾いてみる事をお勧めします。
      | 山崎 | - | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 15:43 | - | - | - |










        一番上へ